脂肪吸引で5,000ccの脂肪を吸い取る事はできるのか?

脂肪吸引 5000ml

脂肪吸引ってどのくらいまで取れますか?伸長158センチ体重80キロです。脂肪吸引でできるだけとって欲しいのですが、お腹周りから太ももで5,000cc取るとしたらどの程度まで変われるのでしょうか?特にお尻周りから太ももにかけてかなりの脂肪がついています。太ももだけとかお尻だけとかは逆におかしくなるような気がします。バランス良く脂肪吸引をしてもらいたいのです。他の人より取りたい量が多いので、金額的には書かれているより割増になるのかも知りたいです。

基本、一回の脂肪吸引で取ってもいい脂肪の量は体重の約3~5%又は3,000ccの少ない方とされています。これは、安全面を考慮して考えられた目安です。約70キロの人で約3,000ccぐらいですが吸引した中には約1~4%の血液も含まれます。では、どうしても5,000ccは取れないのかというとそうではありません。一般的に日本の美容外科の脂肪吸引の施術時間は30分~2時間程度で基本日帰りです。量が多ければそれだけ施術時間が伸び、術後の管理が出来ないのが最大の理由です。ですから、入院が可能である病院であれば5,000ccは可能と言えるでしょう。しかし、人によって脂肪の付き方が違いますよね。体全体に付いた脂肪なのか、部分的に大きく付いた脂肪によっても取れる量が変わりますので、一般的にここまでとは言えないのです。脂肪が多ければ取れる量は増えますが、あなたから吸引できる量と病院が取れる量とに誤差がありますので、病院の設備状況をきちんと聞いておきましょう。何度も出来る手術ではありませんし3,000ccと5,000ccでは明らかな差が出ます。金額的なことは、病院によって違います。吸引する量によって金額が設定されているところもありますが、あまり現実的ではないような気がします。カウンセリング時に決めた吸引量が確実とは限らないからです。実際には最初の吸引する量よりも多くなることが予測されます。吸引量を計算しながらだとバランスが悪くなったり、終わってみれば大幅に金額が変更している場合がありますので、安心して受けてもらうためには金額が変わらないほうがいいですね。あなたの脂肪の付き方が下半身に集中しているのであればなおのこと。安全面を考える必要がありますので病院を選ぶ時には1日入院が可能かを確認しましょう。

勘違いされている方が多いのですが、脂肪吸引はあくまで部分痩せを目的にしています。全体的な脂肪が付いている方にはあまり向いていません。中には脂肪を全部とってもらえると思っている方がいますがとても危険です。事前カウンセリングのときに医師からも説明があると思うのですが、全体的な肥満の方にはまずはダイエットや全身痩身として他のプログラムを勧められますので努力は必要です。その後に部分的にどうしても痩せにくい場所がありますのでそこを脂肪吸引するのが適正でしょう。脂肪吸引するとリバンドが無いと思っている方もいます。勿論リバンドはしにくいですがしないわけではありません。脂肪が増える原因は元々の脂肪細胞が多いこと、脂肪細胞の個体が大きくなったことです。肥満傾向の方はその両方が原因ですので、脂肪細胞の個体を小さくする事(食事療法)。脂肪細胞を減らす事(脂肪吸引)を併用するからこそ効果があると言われます。脂肪細胞を減らしたからと言って暴飲暴食を繰り返すと残った脂肪細胞が大きく変貌することを覚えておいてください。

関連記事

  1. 顔 脂肪吸引

    脂肪吸引って顔もできるの?

  2. 脂肪吸引の名医

    脂肪吸引の名医・お勧めクリニック

  3. 顔の脂肪吸引

    顔の脂肪吸引

  4. 脂肪吸引のリスク

    脂肪吸引の恐ろしいリスク

  5. 脂肪吸引

    脂肪吸引の種類

  6. お腹の脂肪吸引 痛み

    お腹の脂肪吸引の痛みの実際を知ろう!