お腹の脂肪吸引のダウンタイムの期間ってどれくらい?

お腹の脂肪吸引 ダウンタイム

今、40代です。子どもが大きくなって自分の時間が取れるくらいになってきたので、自分磨きをはじめました。ジムに通ったりして1年以上になりますが、お腹周りはなかなか落ちませんね。ただ筋肉はつけたくなくて女性らしいラインになりたいのです。ちょうど同じ年の方で素敵な方がいて目標としていますが、横から見たときの下腹部のぽっこりとした感じはこのままでは改善しないような気がします。場所も部分的なところなので、思い切って脂肪吸引して見ようかなと検討中です。ただ、ジムにも通い続けたいです。よくダウンタイムの期間がありますが、いつぐらいから、どの程度の運動が出来るかを教えてほしいです。

お腹だからといって脂肪吸引後の普通の日常生活において違いはありませんが、ジムのような環境はあなたにとっては普通であっても一般的ではありませんので、注意が必要ですよね。まず、一般的な日常生活を確認しておきましょう。手術後から特に安静は必要としていません。入院する必要も無く帰宅できます。ただし、痛み、腫れ、むくむがある状態ですので、動きは制限されます。また、痛みにおいても強めの筋肉痛が3日間ピークで現れますので動き自体が自然と緩慢になるでしょう。この時はゆっくりとした生活を送ってほしいです。仕事をしている方であればできるだけ休みをお願いしたいですね。4.5日もすると徐々に良くなってくるのがわかると思います。よほどハードな仕事でなければ復帰しても大丈夫でしょう。1週間後に抜糸をしますので、この頃には痛みが解消され、腫れやむくみも随分と落ち着いてきますので軽くマッサージやウォーキングなども始めてみましょう。しかし2~3週間は圧迫(ガードル)を必要としますから積極的な運動はしにくい状態です。入浴中・後などにマッサージなどをおこないますが、この時にはストレッチや筋力トレーニンと取り入れてはいかがでしょう。1ヶ月後には検診がありますので、そこで問題がなければ、ジムに通っても大丈夫ですが、急にハードルを上げるのはなく、徐々に自分にあった強度に上げていきましょう。身体の表面にはなんの問題はないように見えますが、体の中はまだ回復の途中です。これから3ヶ月後の検診まではハード系のプログラムは控えたほうがいいですね。回復の状態は個人差でも違いますので、運動スケジュールは検診時に相談してください。

関連記事

  1. 脂肪吸引のリスク

    脂肪吸引の恐ろしいリスク

  2. 脂肪吸引のデメリット

    脂肪吸引のデメリットって何ですか?

  3. 脂肪吸引 失敗

    脂肪吸引で失敗する可能性はどれくらい?

  4. 脂肪吸引の術後の痛み

    脂肪吸引の術後の痛み

  5. お腹の脂肪吸引 失敗

    お腹の脂肪吸引で失敗したくない。失敗しないためのすべきこと。

  6. 50代 脂肪吸引

    50代で脂肪吸引を受ける。得られる満足度、リスクについて