お腹の脂肪吸引で失敗したくない。失敗しないためのすべきこと。

お腹の脂肪吸引 失敗

お腹の脂肪吸引を考えています。ウエスト周りに浮き輪がハマっているような感じなのです。普段はワンピースを主に着ています。パンツやスカートを履く時はゴムや、ストレッチがかなり効いたものを着ています。出産をきっかけにウエスト周りにだけ肉が付いて取れなくなってしまったのです。脂肪吸引後はリバンドも殆どないって話ですが本当でしょうか。これからも子供の行事などでスーツや着物を着たいと考えていますが、今のままでは無理そうです。脂肪吸引をしたいのですが、本気で迷っています。「またやればいいや」なんて出来ないので失敗しないためにどうしたらいいですか。

病院は此処で!と決まっていますか?まだでしたら、カウンセリングは何件か行くことをお勧めします。失敗で後悔される方の多くは、勧められるままに受けてしまったことです。何処か自分が納得していなければ、相談に行ったとしても断っていいのです。時々、こんなにも説明してくれているのだからとか情に流される方がいますが、そんな必要はありません。病院側はきちんと説明するのが当たり前ですから。迷ってる方に迫ってくる様な病院では怖いと思いませんか。説明を受けてからきちんと考える時間を取ってくれる病院のほうが安心しますよね。今日決めてしまいましょうでは他の病院のカウンセリングにいけなくなってしまいます。中には他の病院にもカウンセリング予定です。というとしつこく何処の病院って聞いてくる先生もいますが、笑ってスルーして帰ってきましょう。美容整形の場合何処で受けても一緒ではありませんから病院選びの失敗が最大の失敗とつながるからです。

施術的なことは病院に任せますが、個人でするべきことがありますので、しっかり守っていきましょう。まずは、手術の翌日には必ず検診に行ってください。ですから、自宅からそれほど遠くないほうがいいですね。もし、遠くの病院の場合は近くに宿泊を取りましょう。なぜなら、翌日は痛み、腫れが強いからです。人によって違いますが、自家用車や、交通機関に乗る時間をなるべく短くしておくと楽でしょう。そして、1~2週間は圧迫必要とします。ガードル・コルセットのようなものですが、就寝中も着用しますので多少の寝苦しさは有るでしょう。1週間後の検診時には抜糸出来ますので、その後はお風呂で十分温まってください。血行を良くする事が大切ですのでマッサージやウォーキングなどもいいですね。2~3週間もすると腫れや内出血は自然と治まってきます。また、2週間過ぎた頃から肌が締まる感じで固くなりますので解すようにマッサージをしてくださいね。1ヶ月後~3ヶ月後は普段の生活に特に制限が必要はありません。運動もしっかり出来ますが、まだ傷跡が少し残っているかも知れません。傷口はふさがってはいますが、人によって傷跡が茶色く残っているかもしれません。特に乾燥肌の方に多いと思いますのでクリームなどで皮膚の保湿を心がけると目立ちにくくなってきますから気になる方は是非塗ってください。脂肪吸引は医師の技術力を必要としますがご自身の努力次第で予想以上にキレイになれると考えています。また、手術をしたから終わりでは無くこれからの体型をキープすることへの努力をしてくださいね。今回脂肪吸引したところは脂肪細胞の数が減ってはいますが他の場所は違います。普段の食生活を整え、適度な運動などをしっかり取り入れてボディメンテナンスを続けることが、子どもの自慢なお母さんになりますので頑張ってみましょう。

関連記事

  1. 脂肪吸引のデメリット

    脂肪吸引のデメリットって何ですか?

  2. 脂肪吸引のダウンタイム

    脂肪吸引のダウンタイムは実際どれくらいかかるのか?

  3. 脂肪吸引のリスク

    脂肪吸引の恐ろしいリスク

  4. お腹の脂肪吸引 ダウンタイム

    お腹の脂肪吸引のダウンタイムの期間ってどれくらい?

  5. 40代脂肪吸引

    40代で脂肪吸引を受ける。効果と満足度について

  6. 脂肪吸引 痛み

    脂肪吸引は痛いって聞きます。どの程度の痛みがあるんでしょうか?